納得できる印刷物を納品してもらうための選び方について

クーポン付きや折加工

印刷機

オプション加工で使い方も広がる

フライヤーというのは加工を加えることで用途も広がります。例えば、お店のフライヤー印刷の際にクーポンを付けたい場合、オプションで選択することでミシン目の加工を加えることができるのです。ミシン目を付けなくても利用者がハサミで切り取れば良いという考え方もあります。しかしながら、ミシン目加工を付けるだけで手間が省け、消費者のクーポンの利用率が高まります。ミシン目加工のオプション料金がかかるものの、料金はそれほど高くないので利便性を高める上でもぜひとも活用したいものです。次に、フライヤーは折加工を選ぶことができます。郵送を前提としたフライヤー印刷であれば、機械を利用することでまとめて折加工をすることができます。フライヤー印刷の折加工は種類が多く、用途に合わせて選ぶことが可能です。定番の2つ折りから封筒にもしっかりと収まる巻き3つ折りなど目的に合わせて選択が可能となっています。業者であればまとめて折加工をするので、ズレもなく仕上がりも綺麗で手間もかかりません。フライヤーの種類が多く、その目的も多様であることから、フライヤー印刷も利用者の要望に応えるための様々なサービスを用意しています。事前に仕上がりを確認したい、もしくは紙の質感を知りたいという場合には、無料でサンプルの作成を行っています。条件を指定した上でサンプルの作成に当たるので、フライヤー印刷の仕上がりを実物で確認することができるようになっています。