納得できる印刷物を納品してもらうための選び方について

なぜフライヤーなのか

印刷物

バリエーション豊かなプロモーションツール

店舗の宣伝などに利用する印刷物にはさまざまなものがありますが、日本では一種独特な使い分けがされているのが特長です。そして現在一番多く利用されているのが、フライヤー印刷です。例えば業者に依頼して製作する印刷物にはビラやチラシといったものもありますが、そんな中でなぜフライヤー印刷が選ばれるのでしょうか。それは、フライヤーに一番バリエーションが用意されていることが理由です。そもそもフライヤーをあえて日本語訳すればチラシとなりますので、広告媒体の印刷物としてはほかのものと変わりありません。ただ、日本で現在フライヤーというと、サイズが小さく形もおしゃれな店頭に置きやすいタイプが多いのが特長です。デザインセンスもよく、インパクトがあって目に留まりやすいので、レジ待ちをしているときについ手が伸びてしまうこともよくあります。ターゲットを絞るプロモーションにも最適で、不特定多数に大量に配ってその場で捨てられてしまうビラやチラシより店を覚えてもらいやすいのが大きなメリットです。そのデザイン性の高さからサイズや素材もバリエーションが多く、その分フライヤー印刷は多少コストは高めでしょう。ただ常時宣伝するためのツールとしては最適で、セールなどで一時的にばら撒くのではなく、店頭に常に置いておくような情報に変化がないものに向いています。気に入って持って帰ってもらえれば、リピーターになってもらえる確率が格段に上がります。つまりフライヤー印刷は、クオリティの高いものを業者に依頼し、顧客の囲い込みに利用するのが最適だと考えるとよいでしょう。